緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

あと一点の時☆①

      2015/11/30

 

スポーツで、

あと一点おさえれば優勝という場面は、

本人も応援しているまわりもドキドキしますよね。

 

 

特にも高校野球。

baseball-player-817614_640

ずっとリラックスして点をリードしていたのに、

9回裏で逆転サヨナラという場面を何度も目にしています。

 

実力も勝っているのに負けてしまうということも多々あります。
そんな時、

周りの人は、なんと声をかけたらいいのでしょう。
いつもどんな言葉をかけていますか?

 

 

こんな場面で、ベンチの仲間から
「緊張するな!」と声がかかると、

今「緊張」していることが気になるようになるんです。

「緊張」がフォーカスされる状態です。
「集中しろ!」と声がかかると、

自分をコントロールできる人にはOKですが、

自分は集中していないんだ…と逆効果になる場合もあります。

 

では、どうしたらいいでしょう。

 

今の状況を肯定しましょう。
「いいよ、いいよ。」

「今の方がよくなってる」

「その調子。次は入るよ~」

「いいねいいね、どんどん集中力増してるよ」
などなど。
もともと実力があるわけですから、

本来の力がひきだされますよ。

 

良かれとおもってかけている言葉が、

実は逆効果ということもあります。

 

 

ガチガチにかたまった選手の気持ちを

ほぐしていきましょう^^

 

つづく

 

 - 対処法のあれこれ, 思考・脳科学で克服