緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

抑揚の練習法☆話し方

   

 

こんにちは。

 

緊張あがり克服講師の

佐々木ひとみです。

 

キレイにしゃべっていても、

一本調子ではつまらなく

眠くなりそう…

 

もっとインパクトがあって

ひきつける話がしたい!

 

というアナタ。

 

声の高低を使い分けるようになりましょう。

 

それでは、抑揚をつける練習方法です。

 

とっても簡単!

 

きっと知っていると思うのですが、

白雪姫の小人たちが歌う

『ハイ・ホー』を歌いましょう♪

 

 

ハイホ~ハイホ~ ♪

 

と歌うと、ハイ から ホー へ

1オクターブ上がり下がりがあります。

 

高低の幅を身体で知るための練習です。

 

楽しいでしょ^^

 

気分もあがります。

 

animals-44569_640

 

これは、言葉を強調したいときなどにも使えます。

 

実は、普段、あなたも無意識に行っているかもしれません。

 

例えば、

「私は、Aランチ をお願いします」

という時、Aランチが強調されます。

 

私は … を 「ミ」の音で発声していたとしたら、

Aランチ … を 「ソ」の音で言っている感じです。

 

では、下記の文章ではどうでしょう。

 

「日本一高い山、富士山」をハイホーの原理で、

 

日本一高い山(低)富士山(高)

 

一本調子で読むよりも、奥行きがでますよね。

 

 

強調したい言葉の前に「間」を置くことも

効果的です。

 

ハイホーの曲が

頭から離れなくなったかもしれませんね。

 

今日も、お越しいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 - 呼吸・発声