緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

印象を声で変えるには☆話し方

   

こんにちは。

緊張あがり克服講師の

佐々木ひとみです。

 

同じ人でも、

スーツでビシッと決めたり

ドレスアップしているときと、

ジャージ姿では、

同一人物とは思えないほど印象が変わりますよね。

 

 

見た目と同じように、

声でも印象を変えることができます。

 

声帯模写になるわけではなく、

声の「高低」「速度」です。

 

 

ではここで、質問です。

 

あなたは、どんな印象をもたれたいですか?

 

次の3つの中から

近いものを選んでください。

 

① 親しみやすい

② 威厳があり頼れる

③ 活動的な

 

usagitokame

 

どうでしょう?

 

①の親しみやすい印象を与えるには、

「やや高音」で「ゆっくり」話すように意識しましょう。

 

②の頼れる印象は

「低音」で「ゆっくり」です。

 

③の活動的印象を与えるには、

「やや高音」で「速め」に話すです。

 

ちなみに私は、

元々ゆっくりです。

 

早く話しているつもりでも、

ビデオで撮影すると

自分で思っているより早くはないんですよね。

 

 

そんな私ですが、

研修のときは、意識して

いつもより、1.5倍の速さで話すようにしています。

 

通常の話し方教室では

ゆっくり話しましょうと指導していると思います。

 

それなのに、速く話すのは、

そのほうが、聞き手の集中力が増し

学習能力が高まるからなんです。

 

もちろん、スピードだけではなく

研修内容の組み立て方にも工夫はしています。

 

なので、

あっという間の研修だったという

感想を多くいただいています。

 

声の質に限らず、

「高低」「速さ」を意識してみるのもいいですよ。

 

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 - 呼吸・発声, 話し方のコツ