緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

米大統領と人気アイドルから学ぶコミュニケーション☆

   

 

こんにちは。オフィスラポールの佐々木ひとみです。

 

大衆の前で演説をする大統領。

同じく、何万人もの前で歌うアイドル。

 

一対一や一対少人数のコミュニケーションと違って

一対大勢の場合、全員と強いつながりをもつのは難しいですよね。

concert-923245_640

演説が上手いクリントン元大統領は、

会場にはいってくると、

大勢の観衆の中から数人にむけて指差して手を振ります。

 

全員にむけてではなく、

ある一部の人を指差しして手を振ることで、

その数人は、大統領とグッと気持ちが近くなります。

 

アイドルのライブ会場でも、

数人に向けて手を振ると、

その数人は「今、目があった!」とワクワクしていますよね。

 

実際、私も、アーティストに手を振られると、

そんなにファンじゃなくても、嬉しくなっちゃいます。

 

逆に、全員にむけて大きく手を振った場合、

それはそれで良いのですが、

大勢のうちのひとりという意識にしかなりませんよね。

 

では、スピーチの場合はどうするか?

 

大勢の中から、5~6人選びます。

できれば、いろんな方向です。

 

自分の好みでいいですよ(笑)

優しそうだなとか、イケメンだなとか。

 

その5~6人と視線をあわせるようになると、
その人たちは、話をよく聞くようになります。

 

目があうと、急にうなづいてくれる優しい人って多いです^^

 

会話はしていなくても

コミュニケーションがとれています。

 

コミュニケーションが上手い人は

どんなことをしているか、探ってみるのもいいですよね。

 

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 - コミュニケーション