緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

思考のクセを変えて不安をリセット☆

   

 

あがってしまう時は、

あるひとつの心の状態になっています。

 

それは、

「もしも、またあがってしまったら、どうしよう…」

「もしも、失敗したらどうしよう…」という不安です。

 

そう、まだ、起こっていない未来への不安で

頭の中が、グルグルまわっています。

 

アナタはそんなこと、ないですか?

 

573dbc5464f8eab22ea3ba6a18ec15ab_s

 

この未来へのネガティブな思考が、

更に緊張を悪化させてしまうので、困ったちゃんです。

 

*もしも、失敗したらどうしよう…。

*もしも、笑われたらどうしよ…。

*もしも、嫌われたらどうしよう…。

 

 

などなど、ネガティブに考えることが多いアナタ。

 

もうこれは、クセになっているんです!

 

 

でも、安心してください。

 

クセは直すことができます。

 

 

まずは、思考のクセがはじまっていることに気づきましょう。

 

それだけでもOK

 

8cb3b5f98951ea07f30902679eabccb9_m

 

次にすることは、

新しいクセを作ること♪

 

クセの作り方は色々ありますが、

今日お伝えするのは、

 

「もしも、○○なったらどうしよう」と考えるんです。

 

えっ? 不安を引き起こすクセと同じように見えますか?

いえいえ、

○○に入るのが180度違うんです。

 

 

自分自身がごきげんになる言葉をいれてみましょう。

 

 

「もしも、人気者になったらどうしよう♪」

「もしも、年収が10倍になったらどうしよう♪」

「もしも、大好きなスマップのメンバーになったらどうしよう♪」

「もしも、芥川賞を受賞したらどうしよう♪」

 

こんなんでいいの?

 

いいんです^^

 

 

無理にプラス思考にするというのとは違います。

 

 

プラス思考は、ダメかもしれないと思っているのに、

無理に「自分はできる!」「うまくいく!」と考えること多いですよね。

 

 

すると、現実とのギャップで疲れちゃいます。

もちろん、プラス思考がうまくいく人もいますので否定はしません。

 

 

しかし、プラス思考がむいていないと感じる人は、

好きな物事を考える方がうまくいきます。

 

 

そして、普段から

「○○になったらどうしよう」と気分があがることを妄想します。

 

「もし、日本中の研修講師として招かれたらどうしよう」

これ、ワタクシのたった今の妄想でした♪

 

 

でも、この妄想がしっくりしはじめたら、

そのために今できること、やることを考え始めるはずですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 - 思考・脳科学で克服