緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

面接官の前で英語なら緊張しないココロ☆

   

 

Aさんは、面接で緊張してうまくいかないことが続きました。

日常生活では普通に話せるのに、

面接官の前では、やたらドモってしまうのです。

 

しかし、

英語での面接では緊張せずに堂々と話せたのです。

af0150016928l

なぜ、英語ではドモらなかったのでしょう?

 

これ、ご本人もなぜなのかわかっていませんでした。
ちなみに、Aさんは生粋の日本人です。

 

当然、英語よりも日本語の方がずっとずっと堪能で流暢です。

 

そこがポイントです。

 

Aさんは言葉が伝わるように
一所懸命英語で話したと思うんです。

 

つまり、

 

相手がわかってくれるように意識していたはずです。

 

意識は相手に向いています。

 

しかし、日本語ですと、言葉自体は伝わっているので、
話しながらも頭の中で、アレコレ違うことを猛スピードで考え、
瞬時にどう見られているか…自意識過剰になっていました。

 

意識が自分に向いている状態です。

 

そして、相手や場の雰囲気にのまれてしまって
ココロがちいさくなってしまいます。

 

まずい、調子が変だなと気づいたら、
そこから立て直しましょう。

頭を振って思考をリセットするもよし、

ココロが小さくなっているんだから、
視界を広げ胸をはり、深い呼吸をするもよし。

そして改めて、自分の方が相手を「見ている」意識に変えましょう。
↓ こちらを参考に
見られる側から見る側へ

 

 

 - 対処法のあれこれ