緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

冷たい水☆

   

 

まもなく自分の出番。

そう思うと、喉がカラカラ。

緊張もマックス。

そんな緊張時に即効で役立つのは、

キンキンに冷えた水なんです。

 

 

常温の水ではなくて、

冷たいほうが効果的ですよ。

冷たい水を飲むことで、

副交感神経の働きが活発になり、

交感神経が高まりがおさまります。

 

カラカラだった喉の渇きが潤い、

ドキドキだった胸の鼓動もおさまってきますよ。

 

水なら、

自分で用意することもできますし、

ホテルなどの会場でも氷を入れて用意してもらうことができますね。

 

冷たい水を飲むのは、

発作性上室性頻拍症(ほっさせいじょうしつせいひんぱくしょう)の

応急処置でもあるそうです。

これは、突然脈拍がはやくなり、しばらく続いた後に止まる頻拍です。

私自身、血筋のようでこれに近い症状がたまにでますので、

知っておきたい情報のひとつでしたので、参考までに…。

 

私は、アナウンスをするときに

水が一番合っていますが、

会場(ホテルなど)の人が気を使って

ウーロン茶を用意してくれる場合があります。

 

しかし、私はかえって話にくくなっちゃうんです。

緊張とは別な問題なんですが、

ウーロン茶は、油分をとってさっぱりさせる効果があるので、

口の中もさっぱりしすぎて、

舌がまわりにくくなるんですよね。

 

これは私の場合ですが、

ウーロン茶がいい…という方もいますし、

私ほどのあがり症ではない方は、

常温の水でもいいかもしれません。

ご自身に合った飲み物がどれか、

実験気分で調べてみてくださいね。

 

 

 - 対処法のあれこれ