緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

呼吸を制して本番へ☆

   

米国国防総省ペンタゴンには
「呼吸を制するものは、人生を制す」
という格言があります。

 

こんにちは。
盛岡で緊張あがり克服のレッスンをしている
佐々木ひとみです。

 

ペンタゴンだけではありません。
『ジョジョの奇妙な冒険』でも取り上げるほど(笑)
緊張という恐怖が呼吸を乱すことがわかります。

 

さて、あなたは1分間に何回呼吸をしていますか?

 

意識しすぎないよう

呼吸をして数えてみてください。

 

どうですか?

 

大人の平均回数は

12〜16回だそうです。

 

私は、いつも11〜12回です。

 

 

私の同級生は、24回でした^^;

子どもなら普通ですが

大人ならチョット多いですかね。

 

 

歳を重ねると

息を吐く力が弱まるなどの理由で

息が浅くなりがちです。

 

 

そのほかに、

ストレスで息が浅くなり、

緊張している時も

息が浅くなるので回数が増えます。

 

 

ということは、

深い呼吸ができれば良いわけですよね。

 

ゆったりした呼吸ができれば、

副交感神経がはたらき、

精神が安定します。

 

では、そのやり方です。

 

【 意識して「息を吸う」】

下記のイラストは座ってますが
立ってやると良いですよ。

 

よくスポーツジムのストレッチでもやりますよね。

両手を組んで、腕を伸ばしながら
背中を丸めるようにしておヘソをみます。

その時、背中側に息が入るように
ゆっくりたっぷり鼻から息を吸います。

これを3〜5回繰り返します。

 

【意識して「息を吐く」】

後ろ手を組み、
斜め下に向かって腕を伸ばし
(肩甲骨が閉じるように)
息を口からゆっくり吐きます。

その時、顔は少しだけ上を向きます。

これをゆっくり3〜5回繰り返すだけです。

 

この肺ストレッチをやってみて

もう一度、呼吸数を数えてみてください。

 

 

私が調べた中では

約9割の方が

呼吸数が少なくなっています。

 

 

これは、ためしてガッテンで

紹介されていた

肺ストレッチなんですよ。

 

 

簡単で誰でもできますし、

このストレッチをして

人前に立てば安心ですよ。

 

 

お試しあれ。

 

 

今日もお読みいただき
ありがとうございました。

 - 呼吸・発声