緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

見られる側から見る側へ☆①

   

 

学生時代、授業中に、
先生が黒板に書いているときは、
特に緊張することはないですよね。

しかし、
先生がクルッと振り返り、

「じゃあ、これを誰かに発表してもらおうかな」
なんて言いはじめ、あてられたそうになると
突然、ドキドキしませんでしたか?

 

 

 

それと同じように、
面接の時も、
対面している状況で、
ドキドキしてしまいますよね。

 

 

 

先生の授業を聞いて、

先生をみている状況の時は緊張しないのに、

先生が自分をみはじめたら、ドキドキ。

面接官が自分を見ていると思うと

ドキドキ。

緊張のメカニズムのひとつは

見られていると強烈に思っていまうからです。

であれば、

「見られる側」から「見る側」に意識をチェンジしましょう。

つづく

 

 - 対処法のあれこれ