緊張・あがり克服 人前で堂々と話せるようになろう

緊張ドキドキを味方に ☆ 岩手県盛岡市  佐々木ひとみ

*

話の内容がつまらないから話せないの?☆

   

 

最近、3~5分のスピーチをする機会が増えてきました。

 

経営者の方を前に話すことが多いので、

あがり症の頃の私なら、

何がなんでも断っていたと思います。

 

でも、今は、いつでもOK~という

雰囲気を醸し出しています。

 

で、スピーチが気が重いという人と会話しながら

私はどう変わったのか?考えてみました。

 

以前の私は、あがってしまうということの他に、

評価されることを気にしていたので、

話の内容を重要視していました。

 

「つまらないと思われないだろうか」

「良い成績をだしていないから話すことが無い」など。

 

 

とにかく、どう思われるかばかりでした。

 

 

で、今はどうかというと、

 

このメンバーなら

何を話したら喜んでもらえるかな」

と考えています。

 

 

この違い、わかりますか?

 

ベクトルが、

自分に向かっているか?

相手に向かっているか?

の違いです。

 

メール講座で、

「見られている」から

「見る」に変えることをお伝えしていますが、

 

 

何を話そうかと考えるときにも、

ベクトル、矢印の向きを意識するんです。

 

arrow-1020240_640

 

私の場合、話のひきだしが

そんなにあるわけではありません。

 

なので、あがり症の時は、

同じ話の内容であても、

「役に立たないと思われるかも…」と、

どう思われるかに意識が向いていたと思います。

 

今は、あがり症が克服できたので、

同じ話の内容でも、

 

どう話したら興味をもってもらえるか、

どう話せば笑ってもらえるか…と、

 

話をするメンバーのことを考え、

更に、

話すテクニックを考えるようになっています。

 

あがり症の時は、話すだけでいっぱいいっぱい。

今だから、笑いをどうとろうかばかり考えています。

 

話の内容は、たいしたことないんですよ。

つまんないダジャレを入れたりしてるんですよ。

 

しかし、たかが3分でも、ひきつける話ができると、

地味な顔ですが(笑)、覚えてもらえるようになります。

 

なので、順番としては、

あがり症を克服して、

スピーチのスキルにステップアップしましょう。

 

生き方がラクになりますよ。

 

佐々木ひとみでした。

今日もありがとうございます。

 

+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-+

佐々木ひとみ公式ホームページ
http://sasakihitomi.jp/

☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆^^☆
無料メール講座の詳しい内容はコチラ
http://sasakihitomi.jp/blog/page-346/

フェイスブックページはコチラ
https://www.facebook.com/agarikokufuku/

 

 - 話し方のコツ